かもめCat達の日常

こんにちは、かもめ動物病院の西山です。

今回はまめちゃんの写真や動画を撮ってきました。

まめちゃんがかもめに来た時にはすでに成猫だったので正確な年齢はわかりませんが、もうお爺ちゃんなどであまり動きません。そんなまめちゃんが珍しくはしゃいでいるのを幾つか撮ることができました。

これはたまたま、USBケーブルをぶら下げていたら興味を惹いたみたいです。他にもぶら下がっているひも状の物、主にこういったケーブルがあるとじゃれつくことがあります。

見ていると、今日は遊びそうだな、というのがわかる時があります。そういう時にオモチャを振ると遊んでくれます。まめちゃんは比較的、目の前で猫じゃらしを振られるよりも、物陰に隠して出たり入ったりしている方が好きです。

なるちゃんの妨害が入ったため、捕獲に失敗してしまいました。

稀ですが

こんな感じでなるちゃんと遊ぼうとすることもあります。突然あるので、なかなか動画で撮ることができません。

先生の家のバタコちゃんが遊びに来てましたが、もうすっかり子猫の頃にまめおじさんに遊んでもらったことを忘れ、威嚇していました。追い詰められてまめちゃんはタジタジです。私たちのこともすっかり忘れてしまったので寂しいです。

なんか文句あるの? と言わんばかりの表情です。猫嫌いな、なるちゃんともいい勝負(?)ができるくらい強気です。

最近、鼻水がまた出始めたので、薬を使っています。

左側を車に轢かれたせいか、左側の耳はよく汚れるので定期的にお掃除されています。

まめちゃんは人間でいうと推定60代は超えています。これからも元気で長生きしてほしいです。

散策~東京国立博物館~

こんにちは、動物看護師の西山です。

今回は以前に足を運んだことのある上野の「東京国立博物館」に行ってきました。

国立博物館は複数の館に分かれていて、正面から見えるのはこの三館でした。

一日で全部をまわるのは難しいので、今回は本館の一階と二階、平成館の一階を見に行きました。

まずは本館、現在は日本の美術がテーマになっています。

展示されているものは写真撮影がいいものと駄目なものがありますので、撮りたいときには間違って禁止のものを撮らないようにしないといけません。

一階はジャンル別展示をしていて、彫刻、漆工、金工、刀剣、陶磁、 大野出目家と越前出目家の能面、歴史の記録、アイヌと琉球、近代の美術が展示されていました。

 その中で興味を惹いたものを見ました。

まずは「漆工」

住吉蒔絵文台
香合

「金工・刀剣・陶磁」

七宝水滴・水注
七宝引手・釘隠
大包平

次は平成館の方に移動して「日本の考古」

本館の一階に戻って、「近代の美術へ」

孔雀
鷲置物
七宝富嶽図額

次は二階を見に行きました。

二階のテーマは「日本美術の流れ」で、各フロアに年代別にさまざまなものは展示されています。

階段を上がってまず見に行ったのは「浮世絵と衣装―江戸(浮世絵)」

「根付 高円宮コレクション」

「仏教の興隆―飛鳥・奈良」

「茶の美術」

黄伊羅保茶碗 古井戸茶碗
和漢朗詠集巻上(久松切)
五彩金襴手碗

「暮らしの調度―安土桃山・江戸」

風字入松葉柄鏡 栗柄鏡

「書画の展開―安土桃山~江戸」

粟穂鶉図屏風
源氏物語図屏風
秋郊鳴鶉図

国立博物館の展示品は定期的に入れ替えられていて、今回載せたものの幾つかも既に入れ替えられ、残念ながら今は見ることができなくなってしまったものもあります。その代わり、別の興味深い展示品を見ることができます。

現在、新型コロナの影響で事前に予約をしなければ入ることができませんが、興味が湧いた方はぜひ見に行ってください。

散策~しながわ水族館~

こんにちは、動物看護師の西山です。

まだまだ新型コロナの感染リスクはありますが、外出自粛は緩和されたので久しぶりに水族館に行ってきました。

今回行った場所は、タイトル通り「しながわ水族館」です。

入ってまず目に入るのは「1.東京湾に注ぐ川」をテーマにしたエリアです。

川の渓流、上流、中流、下流が再現されています。

このカルガモの片方の子は保護された子で、片翼がありませんでした。自然界では生きていけないので、この水族館で暮らしているそうです。

「 2.東京湾の干潟と荒磯 」。

このエリアは砂地、泥地、干潟、磯に住む生き物たちがテーマです。

院長も扮した(?)アマビエがいました。しながわ水族館ではイルカがアマビエ扮してました。

「 3.品川と海 」

このエリアはしながわ水族館周辺の海の生き物たちがテーマです。

「8.群れを作る魚たち」

名前の通り、円柱の水槽にそれぞれ群れを作る魚たちがいました。

「10.東京湾に棲む生物たち」

「 5.ペンギンランド」

以前訪れた「すみだ水族館」にもある、ペンギン相関図がこちらにもありました。

タグの色からすると、おそらくこの子はハナカイくんでしょうか?

今年生まれた子なのか、首の裏に産毛がまだ残っていてライオンみたいになっていました。

「25.アザラシ館」

こちらは上下にエリアが分かれていて、上から下へ階段を下りてアザラシたちを眺めました。

笑っているような顔で眠っていますね。

水槽の中にトンネルが作られていて、左右だけではなく上下も泳いでいる姿を見ることができました。アザラシのトンネル水槽はしながわ水族館が日本初だそうです。


新型コロナの影響でイルカショーはお休みでしたが、イルカたちは元気に泳いでいました。速すぎてこの一枚しか綺麗に撮れませんでした。

「 11.トンネル水槽 」

「12.冷たい海の魚たち」

海の中で赤色は目立って天敵に狙われてしまいそうですが、水深100mぐらいだと太陽光の色がほとんど吸収され青色になります。そうすると、赤い鱗は青い光と交わると黒っぽくなるので海の中では目立たない姿になるそうです。

「 14.クラゲたちの世界 」

「15.~夢の水槽~「地球」」

こちらの水槽は、しながわ水族館の開館25周年を記念して、募集したアイディアから制作されたものらしいです。

「17.海の宝石箱」

こちらの水槽では熱帯の海のサンゴ礁に住む色鮮やかな魚たちの世界が再現されています。

「18.世界の大河から」

こちらの水槽では大河に住む大型淡水魚たちを見ることができます。

運がいいと鉄砲魚が的に貼られた虫に向かって水鉄砲をお見舞いするところが見れるかもしれません。

「19.珍しい魚たち」

電気ウナギの水槽には電圧計が設置されていて、電気を発したときに何ボルトかわかるようになっていました。

「20.アシカ“海のライオン”」

海のライオン、というのはアシカの仲間たちは英語で「 sea lion 」と呼ばれているからです。

なぜライオンなのかというと、元々はオタリアが由来とされていて、鬣を持つ雄がいたり、吠えるよう鳴き声をしていたり、ハーレムをつくったりなどがライオンと似通っているからだと伝われています。

イルカのときと同じく、素早く泳ぎ回っていたのでこの一枚しか綺麗に撮れませんでした。

「21.共生水槽」

こちらで有名なイソギンチャクとカクレクマノミが共生している姿が観察できます。他にも共生している生物たちの姿も見ることができます。

「24.シャークホール」

かもめCat達の日常

こんにちは、動物看護師の西山です。

緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ新型コロナに感染してしまうリスクはあるので外出時はお気をつけください。

さて、外出とは無縁のまめちゃん達はとくに変わらない毎日を送っています。

悪戯されてちょっと不機嫌そうな、まめちゃん。

以前、新しいオモチャで遊んでいると書きましたが、今ではまったく遊んでくれずお気に入りの緑ボールにしか興味がない、なるちゃん。

最近、部屋に早く帰りたいあまりに人の膝に乗ってジャンプを覚えた、まめちゃん。

ご飯が待てずにせわしなく動く、なるちゃん。

こんな感じで平穏にかもめ動物病院で暮らしています。

緊急事態宣言解除後のお願い

神奈川県も緊急事態宣言が解除され、徐々に日常生活の自粛緩和が進んでいます。しかし、依然として第二波が懸念されている状態です。引き続き感染拡大対策として以下のご協力をお願いします。

発熱や体調不良等がある飼い主様の来院は控えてください。

マスクの着用と手指の消毒をお願いします。

できるだけご来院前にお電話でのお問い合わせをお願いします。特にお薬や療法食のみ処方の方は、準備の時間を頂くために事前連絡をお願いします。

待合室での密集を防ぐため、可能な限りお車や屋外でお待ちください。連絡先をお伝え頂ければ、順番にご連絡いたします。

待ち時間の短縮のため、多少の順番の前後が生じることがあります。ご了承ください。

動物は可能な限りキャリーバッグに入れるなどして、待合室での行動を制限してください。

ご不便をおかけしますが、引き続き感染拡大対策として重ねてご協力をお願いいたします。

自粛疲れの事と思いますが…

皆さん。そろそろお疲れの事と思います。

先が見えない不安もありストレスフルの状態だと思いますが、一人一人の心掛けが大事なのは変わりません。

そんな皆さんに話題のあの方からメッセージ。

テヲアライマショウ。マスクシマショウ。ヒトトハキョリヲトッテ。エキビョウタイサン!

うちの画伯作。あまびえインチョーでした。

はじめまして(*^^*)

ご挨拶が遅くなり申し訳ございません。。。

動物看護師の荒井です。

昨年の8月頃からアルバイトとして入り、今年の3月に学校を卒業し、4月から正式にこのかもめ動物病院で働かせていただいています。

精一杯頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします(^-^)

かもめCatの日常

こんにちは、動物看護師の西山です。

いつもは出掛けた時のことをブログに書いていますが、今回は院内の出来事、かもめCat達について書きたいと思います。

なるちゃんは目が見えないので、音の鳴るオモチャじゃないと遊べないんですが、音が鳴ればなんでもいいわけではなく

このだいぶ傷んできた、鈴が入っている綿でできた緑のボールでしか遊んでくれません。

そんななるちゃんでしたが、つい最近のこと

遊んでいる! 遊んでいる? 近くにあって邪魔なので怒っているようにも見えますが、以前は興味を示さず逃げていたことを考えると、遊んでいるのではないかと思います。

このオモチャはなるちゃんように買われたものなので、遊んでくれるようになってよかったです。

羽の部分がとくに気に入っているみたいで、気をつけないとむしって食べそうです。むしろ食べたいから捕まえようとしているのかもしれません。

さらに

患者さんからもらったオモチャで、以前は興味を示していませんでしたが、怖がりながらも少し遊んでくれるようになりました。

このまま新しいオモチャで遊んでくれるようになってほしいです。

まめちゃんの方はこういう猫じゃらしが好きなようで、気分が乗れば遊んでくれます。もうおじさんなので、そんなに長くは遊ばず、最近は、外に出してあげてもすぐに部屋に帰りたがっています。

一番好きなのはオモチャよりも爪とぎで、よく上に乗っています。

緊急事態宣言発令に伴うお願い

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、神奈川県にも緊急事態宣言が発令されました。これに伴い感染拡大対策として以下のご協力をお願いします。

発熱や体調不良等がある飼い主様の来院は控えてください。

マスクの着用と手指の消毒をお願いします。

診察室への付き添いは1名様までとし、それ以外の方は外でお待ちください。

爪切り、肛門腺しぼりのみや健康診断だけのご来院は、できるだけお控えください。

できるだけご来院前にお電話でのお問い合わせをお願いします。特にお薬や療法食のみ処方の方は、準備の時間を頂くために事前連絡をお願いします。

待合室での密集を防ぐため、可能な限りお車や屋外でお待ちください。連絡先をお伝え頂ければ、順番にご連絡いたします。

待ち時間の短縮のため、多少の順番の前後が生じることがあります。ご了承ください。

動物は可能な限りキャリーバッグに入れるなどして、待合室での行動を制限してください。

ご不便をおかけしますが、感染拡大対策として重ねてご協力をお願いいたします。

狂犬病の予防接種に関して

本年度の狂犬病定期集合注射は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。それに伴い当初午前休診の予定だった4/9(木)・4/18(土)は通常の診療となります。
また、本年度は動物病院での狂犬病予防注射接種が増えることが予想されるため、ご来院の際は時間に余裕をもってお越しください。
診察の混雑時は受付後の外出も可能です。スタッフにお申し付けください。