犬と猫の風邪について その2 ~ケンネルカフ~

こんにちは。最近更新にサボり癖がついてきた院長 中山です。

サボっている内に世間ではインフルエンザも落ち着いてきたようです。

が、これから季節の変わり目で、体調を崩しやすい季節に入ります。

ご自愛下さい...。

 

 

 

 

 

危うく終わりそうになりましたが、今回は予告どおり犬の風邪(っぽい病気)ということでケンネルカフのお話を少し。

ケンネルカフとは日本語だと「犬伝染性気管気管支炎」と言います。その名のとおり伝染性が強く、犬の気道に炎症を起こす病気です。

ただ、あまりひどくなる事は少なくて、ほとんどの子は2週間程度で自然に治ります。

 

原因としてはアデノウイルスやパラインフルエンザウイルスといったウイルスと、Bordetellaを始めとした細菌が関与しているようです。

このうちの1つないし複数が感染して起こるんですが、それ以外の微生物も関わっている可能性があります。

 

症状はほとんどの子は咳だけです。食欲も元気も普段と変わらないことが多いので、他の症状を伴うようならば、それはケンネルカフの咳ではないかもしれません。

咳は興奮したり運動したりするとひどくなる傾向があります。また、首輪による圧迫でも咳を誘発するのでお散歩中に多いという印象を持つこともあります。私の経験では朝方に咳が出るという子が多いように思います。

頻度は多くないですが、中にはケンネルカフでもひどくなる子がいます。元々呼吸器に持病を持っている子や免疫力の弱い子達です。風邪をこじらせて肺炎になった、というような感じでしょうか。

 

ケンネルカフは伝染性の病気なので、どこかでうつらないとなりません。

ケンネルとは犬舎のこと、カフは咳のこと。つまり犬が集まるところで多く見られる咳の病気というような意味になります。このあたりも人の風邪と似たような感じです。

1~2週間の潜伏期間で発症することが多いため、その頃にホテルやトリミングサロンに行ったとか子犬と接触したとか思い当たることがありませんか?

昔よりもワンちゃん同士の接触する機会や場所が増えたので、どこでうつったか分からないことも多いと思いますが、ワンちゃんが咳をしていたら1~2週間の行動を思い返してみて下さい。

また、お家に来たばかりの子犬は環境も変化するので、数日たってから症状が出ることがあります。

 

症状がそれほどひどくなければ、治療をしなくても自然に治ります。

しかし、咳がひどい子はやはりつらそうなので、咳止めのお薬や抗生物質を飲ませることがあります。いわゆる対症療法がメインです。

また、吸入治療も咳を抑えるためには有効なことがあります。

 

咳が見られる病気はケンネルカフだけではありません。

ワンちゃんが咳をしているようなら一度動物病院で診察してもらいましょう。

その上で様子を見るのか治療を開始するのか相談して下さい。