ドライマンゴーのおいしい食べ方

すっかり秋らしくなって、すごしやすい日が続きますね。

今ぐらいの季節が一番好きかもしれないインチョウ中山です。

秋というと「食欲の秋」とか「芸術の秋」なんて言われます。

何をするにも良い時期ということでしょうか。

僕も何か新しいことに挑戦するのも良いかな、と思う今日この頃です。

今回はそんな前フリとは全然関係のない、ドライマンゴーのお話。

これは先輩の獣医さんに教えてもらった食べ方で、非常に美味しいのでオススメです。

朝ごはんの時にも食後のデザートとしても、子供のオヤツにも良いと思います。

まずは材料ですが…。

プレーンヨーグルト

 

 

 

 

 

 

 

プレーンヨーグルト

砂糖の入っていないやつならなんでもOK。

ドライマンゴー

 

 

 

 

 

ドライマンゴー

スーパーとかドンキとかで売ってるやつですね。

ちなみにこれはタイ在住の大学時代の友人のお土産です。

 

これだけで素敵なスウィーーツができてしまうんです。

投入

 

 

 

ヨーグルトの中にドライマンゴーを投入します。

大きさはお好みで良いです。少しちぎって入れると食べやすいと思います。

量もお好みでOK。さっぱりした感じにするなら控えめでどうぞ。

何回かやってみて調節すると良いかも。

 

埋没

 

 

 

 

 

 

 

で、沈めちゃいます。

後はこのまま冷蔵庫で一晩寝かせます。

すると…。

できあがり

 

 

こんな感じに。

ドライマンゴーの甘みと香りがヨーグルトに移って程よい風味になります。

更にマンゴーが水分を吸ってドライじゃなくなり、ねっとりとした食感も良い感じです。

 

相乗効果って言うのか、相思相愛って言うのか、とにかく相性抜群です。

前の晩に仕込んで、朝食にいただくのが必勝パターンです。

朝ごはんは食べたほうが良いようですし、食欲がいまいちな夏でもこういうものなら入ります。

…って、もう秋か。