4月の臨時休診のお知らせ

4月は狂犬病集合注射に参加するため、何日か午前の診療をお休みさせて頂きます。

すべて午前中の診療のみ休診で、午後は通常通りとなります。

日程は以下の通りです。

4月2日(木)

4月3日(金)

4月8日(水)

4月9日(木)

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

☆ふよふよ☆

 

看護師の五日市です。

久しぶりに癒されに水族館に行きました。

 

 

初めての新江の島水族館

目当てはくらげ。

 

イルカもラッコもペンギンもみーんな好きですが、それらと肩を並べて私が好きなのがくらげ♪

地味(笑)

 

 

というのも、《流れ星》というドラマの影響なんですが、、

コブクロの流星が主題歌だったので見ていました。

 

 

 

新江ノ島水族館はくらげが有名。

ドラマでもロケ地として使われていました。竹ノ内豊がくらげの飼育員という、、

今回は時間が合わずに見れませんでしたが、くらげのプロジェクションマッピングなんかもやっているみたいです。

 

☆くらげ☆

 

 

 

 

水の中をふよふよ、、あ~、、癒し、、

 

 

 

 

 

 

ちょうど帰りに夕日も見れて、

 

☆江の島夕日☆

 

 

 

 

 

 

 

 

寒いしとても風が強くてまつげが取れるかと思いましたが(笑)、マイナスイオンを沢山感じてきました。

 

 

たまには外出もいいですね♪

平成27年度の狂犬病予防注射に関して

P1010369狂犬病の予防注射のシーズンがやってきます。

そろそろお知らせが届いているのではないでしょうか?

今年の4月1日からは病院の窓口で注射済票、鑑札が交付できるようになります。

ただし、病院窓口での交付には書類が必要です。

狂犬病の注射をうちにくるときには、お知らせの封筒の中身を持ってきてください。

“平成27年度の狂犬病予防注射に関して” の続きを読む

☆真面目なご飯のお話☆

 

早く暖かくならないかな~と願いつつ、薄着はお腹のお肉が目立つので複雑な気分の

看護師の五日市です。

 

 

院長が真面目に予防ネタを書いていたので(笑)、

私もたまには看護師らしいことを書こうと思います!!

 

 

今回は毎日食べているご飯のお話。

病院で扱っている処方食にはどんなものがあるか知っていますか?

 

多分、ほとんどの方がNOだと思います。

 

処方食と言うとすごく固いイメージで、

実際私も実家で犬を飼っていますが

このお仕事を始める前は正直、

動物病院でご飯を買うなんて発想は全くなかったです。

 

 

ただ、知らなかっただけで

いいご飯

いっぱいあったんです!!

 

 

私のように(笑)食べることが大好きな子には、

☆満腹感サポート☆

 世界一低カロリー!!な

 

 満腹感サポートスペシャル!!

 

尿結石や関節炎、便秘や下痢にも対応

しています。

(うんちがもりもり出ます)

 

 

 

 

 

 

☆スキンケアプラス☆

 

食糞やうんちのにおいなど、うんち関係のトラブル、

皮膚のトラブルで困っている子には

スキンケアプラス!!

 

(仔犬用もあります)

 

 

 

 

 

☆ニュータードケア☆

 

避妊、去勢手術のあとには、いつも食べていたご飯を30%減らさないと太ると言われています。

ただご飯を減らすだけではかわいそう、、

 

そんな時は

 ニュータードケア!!

 

低カロリーなので、今までのご飯の量と同じくらいあげられます。

 

 

 

 

☆エイジングケア☆

 

ワンちゃん、ネコちゃんも高齢化社会。

健康に、いつまでも元気で長生きして

ほしいなぁ、、

そんな時は

エイジングケア!!

 

老齢性の変化に伴う関節、心臓や腎臓、尿結石、歯垢など、これ1つでいろんなケアがされています。

 

 

 

 

ブログに載せたご飯は一例です。

 

只今かもめ病院では私たち看護師もご飯についてのアドバイスができるように、

院内で処方食のセミナーを受けています。

 

 

ご飯について気になった方、相談したい方はぜひスタッフまで☆

 

 

 

※画像はワンちゃん用ですが、もちろんネコちゃん用もあります。

 

 

そろそろノミダニ予防のシーズンです。

iPhone-2015.03.04-13.06.45.000ここ数日は寒かったり、少し暖かかったり。

徐々に春の足音...というか気配がしてきました。

大通り公園の早咲きオカメザクラの満開も近そうです。

ふらっと伊豆まで河津桜を見に、なんていうのに憧れたりするインチョウ中山です。

 

気温が13℃を超えてくるとノミの活動は活発になってくると言われています。

また、ダニの発生ピークは春と秋の2回あると言われています。

当院では3月から10月頃までの予防をオススメしております。

そこで、当院の今年のノミダニ予防・駆除薬のご紹介をします。

 

iPhone-2015.03.07-09.46.10.492

まずは現状で一番広く普及しているであろう、スポットオン製剤。

首の後ろから肩の辺りの皮膚にたらすお薬です。

メリットは飲み薬が苦手な子には投薬の手間がかからないこと。

効能はノミ・マダニの成虫駆除と、卵がかえらないようにする二段構え。

皮膚が弱い子では付けたところが稀に赤くなることがあるので、注意してあげましょう。

投薬の前後1日ずつはシャンプーを控えてください。

ちなみにホームセンターなどで購入できる製品は、病院で処方するものとは成分が違いますのでご注意を。

 

iPhone-2015.03.07-09.45.21.856

もう一つは飲み薬のタイプ。

新しい飲み薬はチュアブルタイプで、オヤツ感覚での投薬が可能です。

メリットはシャンプーをまめにする子でも効果に影響がないこと。

皮膚にお薬が付いていると気になる子や、付けたての濡れた感じが嫌な方にも良いと思います。

また、小さいお子さんがいる場合に、ワンちゃんを触ったりしても安心ですね。

食べ物のアレルギーがある子には向きません(大豆アレルギー)。

効能はノミ・マダニの成虫の駆除だけですが、メーカーによると卵を産む前にやっつけてくれるので心配ないそうです。

 

この他にもフィラリア症の予防効果も併せ持つ製剤もあります。

このお薬に関してはまた別の機会に紹介したいと思います。

 

基本的にワンちゃんの性格や生活環境に合わせて選んで頂いて大丈夫です。

ご相談は随時受け付けております。