フィラリア症予防

 

 

こんにちは、看護師の小澤です。

 

気付けば5月ももう終わり・・

最近夏のような暑い日が続いていますが、

ワンちゃん、ネコちゃんの熱中症対策はしていますか?

日中のお散歩を控えたり、外出する際にはエアコンをつけるなど、

この時期から気を付けましょう。

特に、肥満のワンちゃんネコちゃん( ;∀;)

肥満の子は体に熱がこもりやすくなってしまいますので特に注意してあげてください。

 

 

さてさて、フィラリア症予防のおハガキはおうちに届きましたか?

 

フィラリアの仔虫を持った蚊にワンちゃんが刺されると

蚊の口からワンちゃんの体内にフィラリアの仔虫が侵入してきて

徐々に体の中に入り込み成虫になります。

フィラリアが寄生すると心臓や肺の働きが邪魔されてしまい、

咳をしたり、元気や食欲がなくなったりします。放置すると命にもかかわりますので、毎月のお薬で予防してあげましょう。

 

1か月に1回お薬を飲ませることで体内に入り込んだフィラリアの仔虫を心臓に行く前に駆除することが出来ます。

 

 

かもめ動物病院では、11月末~12月あたりまでフィラリアのお薬を飲ませることをお勧めしています。

フィラリアのお薬は体内に入り込んだフィラリアの仔虫を駆除するお薬なので

蚊がいなくなってからもう一回』投薬することが大切になります。

 

最後まで忘れずに投薬してあげることで

フィラリア症を予防しましょう(‘◇’)ゞ