ヒアリ注意報

こんにちは、動物看護師の西山です。

ヒアリが相次いで各地で発見されてますね。

かもめ動物病院でも環境省からこんなポスターをいただきました。

 

 

ヒアリはお尻に強力な毒針を持っていて、刺されてしまった場合、ヒアリ(火蟻)という名前の通り火傷したときのような熱さと激しい痛みがあります。

人によって症状の重さは異なりますが、かゆみ、膿、水疱状の腫れ、じんましん等の症状。

最悪、アナフィラキシーショック症状(呼吸困難、血圧低下、意識障害)により死に至る危険があります。

 

とても危険なので、お散歩中に草むらにはいる時にはお気をつけてください。

 

ヒアリの特徴は

東京都環境局より

・体長:2.5mm~6.0mmほど。同じ群れでも大きさは不揃い

腰の部分に二つコブがある

・色:赤っぽく光沢がある。腹部は黒っぽい

・巣:大きな土の塚を作る(日本のアリは作りません)

 

これってヒアリかな? と思ったアリを見かけた場合。

まずはお近くの地方環境事務所や、都道府県の環境部局に相談してさださい。

(神奈川県ではヒアリコールセンターがありますので「045-210-4319  自然環境保全課野生生物グループ」にお電話ください。8:30から17:15の時間であれば土日祝日関係なくお電話できます)

むやみに駆除をしてしまうと、減らすどころ逆にヒアリを広めてしまったり、間違って日本の在来種のアリを駆除してしまうかもしれません。

日本在来のアリ(約270種以上)は生態系の中で重要な役目があり、駆除をし過ぎてしまうと日本の生態系を壊してしまう危険があります。

また在来種のアリが減った分、ヒアリが縄張りを拡大させてしまいます。

 

ヒアリらしきものを見つけた場合にはぜひ地方環境事務所や、都道府県の環境部局に相談してください。

ヒアリコールセンター

「045-210-4319  自然環境保全課野生生物グループ」)

一大イベント🐈

 

 

 

こんにちは、看護師の小澤です。

 

 

毎日暑い日が続いていますが、

かもめキャット達は冷房の効いた病院の中でだらだらと過ごしております。

 

そんなかもめキャット達の年に一度の一大イベント、

予防接種が先日行われました。

 

何も知らされていないかもめキャット達

 

 

 

 

いつも通り半目で爆睡しているまめちゃん。

 

さあ起きて!ワクチン打つよ!

 

 

ほとんどの猫ちゃんは病院に来ると

怖くて固まってしまう子がほとんどですが、

病院の猫は診察台の上でも動じません。(まめちゃんだけ?)

 

 

 

 

リラックスして足をふみふみ。

 

でもそんなまめちゃんも先生が来ると、

 

 

 

 

先生の顔をちら見。

 

 

 

 

先生の手をガン見。

 

先生とは少し距離を置いているまめちゃん。笑

先生が近くに来てやや緊張気味です。

 

かもめ動物病院では必ずワクチンを打つ前に

お熱を測ったり、身体検査を行って

体調に変わりがないことを確認してからワクチンを打ちます。

 

 

いつでもどこでもマイペースなまめちゃんも

お熱を測るのは少し嫌だったらしく、

立ち上がって中腰状態に・・・。(;’∀’)

 

 

 

 

そしてカメラ目線で私に何かを訴えるまめちゃん。(;’∀’)

 

 

 

 

まめちゃんの為だから頑張れ!🏁

 

次に心臓の音をチェック。

聴診中はまた寝っ転がって足をにぎにぎ。

 

 

 

 

看護師の必要ない猫です。( ;∀;)

 

そしてお口の中もチェック。

 

 

 

 

OK!

ワクチンを打ちます。

 

 

 

 

細い注射針ですので

大人のワンちゃんネコちゃんはほとんど痛がりません。

 

 

続いてなるちゃん。(^O^)

 

 

 

 

まめちゃんとは違い、いつもと違う雰囲気に少し緊張気味。

 

それでも意外と甘えん坊ななるちゃんは

かまってもらえることが嬉しくて手にスリスリ。

 

 

 

 

体温を測っているときも喉を鳴らしてくれます。

 

 

 

 

なるちゃんも身体検査は特に問題なし!

なのでワクチンを打ちます。

 

 

 

 

二人とも注射には全く動じません。(; ・`д・´)

 

これにて今年も一大イベント終了!

これで安心して過ごせるね!

二人ともお疲れさまでした(^o^)/