フィラリア症の投薬忘れていませんか?

 

 

こんにちは、看護師の小澤です。

 

気付けば今年もあとちょっと!

来年は平成30年・・・早いですね。( ;∀;)

 

 

この時期になると、

「予防のお薬、いつまで飲ませればいいんだっけ?」

とよく質問されます。

 

蚊が媒介するフィラリア症のお薬は、

体内に寄生したフィラリアの仔虫を駆除するお薬なので

蚊がいなくなってから最後にもう一回駆除しておく必要があります。

最後の一回をやり忘れてしまうと、体内に入り込んだフィラリアの仔虫は冬の間にどんどん体の奥へ潜り込んでいきます。

春になるころには心臓に寄生してわんちゃんの体調に影響を及ぼすかもしれません。(;゚Д゚)

 

蚊がいなくなってからもう一回飲ませることが大事ですので

11月末から12月あたりまでしっかり投薬をすることをお勧めしています。(^o^)/

 

 

 

ちなみにノミやマダニも寒い冬の間は感染率が低くなりますが、

最近はマダニの怖いニュースもありましたので

通年で予防される方もいらっしゃいます。

 

冬の間は1回の投薬で3ヶ月間ノミ、マダニを予防してくれるブラベクト錠がお勧めです。

 

 

おやつタイプであげやすく、毎月飲ませるおやつタイプのお薬を3ヶ月分買うより少し安くすませることが出来ますよ!(^o^)/

 

 

 

 

Where dreams come true

夢はいつか叶う、というのは素敵な言葉ですね。

こんにちは、動物看護師の西山です。

つい先日、「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2017」に行ってきました。

 

 

今年は記念すべき15周年目で、テーマは「Brillante ~輝きの未来へ」。

 

友人と早めに待ち合わせして夕食をとり

 

 

先行販売していたグッズやガチャを楽しみつつ、無事に予定通りに会場入りできました。

会場では無料のジョア(桃味)が配られていて、私はハロウィンデザインのチップのジョアをいただきました。

 

ディズニー・オン・クラシックを見るのは三回目ですが、今回初めて一階席の前列を友人が当ててくれました!

 

 

この近さは初めてなのですごくドキドキしました。

二階席ではよく見えなかったヴォーカリストさん達やオーケストラの方々表情がよく見えます。

そのかわり、舞台の演出は二階席にの方がよく見えました。

一階席でも二階席でもどちらでも違った楽しみ方ができます。

 

今回のプログラムの曲前半は、 2002年の第一回目公演で演奏された全曲を、15周年記念のためにブラッド・ケリーが特別にアレンジした、スペシャル・メドレー「組曲“ORIGIN 2002”」。

以前にアンケートをとったクエスト曲から上位の曲「ゴー・ザ・ディスタンス/『ヘラクレスより』」、トゥー・ワールズ/『ターザンより』」、東京ディズニーシー®「ストームライダー組曲」。

ヘラクレスやターザンは幼い頃によく見ていたので、とても懐かしい気持ちになりました。

 

さらにルーレットによって演奏が決まる曲が2曲。

私のときには

ノミネート9曲から東京ディズニーシー®「ミステリアス・マスカレード」

ノミネート3曲から美女と野獣/『美女と野獣』より

でした

 

後半のプログラムは「ディズニー・オン・クラシックで聴きたい曲」の上位にランクインし続けていた人気作品『塔の上のラプンツェル』映像付き楽曲全曲でした。

 

どの曲も魅力的で聴いていてうっかり涙が出そうでした。

機会があればぜひ、来年もききにいってみたいです。