いざ鎌倉!~その1~

こんにちは、動物看護師の西山です。

タイトル通り、今回は母と鎌倉に行ってきました。

目当ては長谷寺の紫陽花ですが、母が御朱印を集めるのにはまっているので、紫陽花の長谷寺以外にも高徳院と御霊神社にも行ってきました。

母の持つ御朱印帳はすでに埋まっていたので、新しい御朱印帳を手にいれるためまずは紫陽花の長谷寺に。長谷寺の御朱印帳は様々な紫陽花とディフォルメされたお地蔵様(和み地蔵)が描かれているとても可愛いデザインでした。

 

紫陽花を鑑賞するため、「あじさい路」に入るためにはこの綺麗な紫色のチケットが必要になります。私が行ったときにはまだ見頃の時期より早かったので、そこまで混んでおらず、無事にもらえました。

入り口では無料で団扇が配布されていて、長谷寺に咲いている紫陽花の種類がこれでわかります。

 

 

「あじさい路」入り口近くには、鎌倉随一の眺望といわれている「見晴台」があって、ここから鎌倉の海と街並みを見ることができます。

さて、いよいよお目当ての「あじさい路」へ! (((((((((((っ・ω・)っ ブーン

 

 

まだ入り口ですが、もうたくさんの紫陽花が咲いていて綺麗でした。

「あじさい路」は行きは130段ほどある階段が続く山道を上に向かって歩いて、帰りは下っていきます。

その周りには40種類以上約2500株の紫陽花が植えられているそうです。

 

ここから見える景色もとてもいいです。

早い時期に行ったので、紫陽花はまばらに咲いていて見頃に比べるとちょっと寂しい感じがしました。

斜面を色鮮やか埋め尽くす紫陽花を見てみたかったです。

ですが

 

こんな風にそれぞれ綺麗に咲いていて、じゅうぶん見応えはありました。

出口ではお地蔵様が迎えてくれます。

 

長谷寺では紫陽花の他にも季節ごとにいろんな花が咲いていて、紫陽花以外でも楽しめました。

次回は、高徳院の鎌倉大仏を見に行ったことをお話しさせていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です