散策~水族館~

こんにちは、動物看護師の西山です。

今回、ペンギンの水槽がリニューアルされてから初となるサンシャイン水族館に行ってきました。 世界初となる、都会の空を飛んでいるかのようなペンギン 達が見られるということで楽しみでした。

サンシャイン水族館は それぞれ三つのテーマ に分かれていて、順路順に「本館1F 大海の旅」「2F 水辺の旅」「屋外エリア マリンガーデン 天空の旅」となっています。

「本館1F 大海の旅」

1Fは海の中を思わせる世界が広がっています。沖や深海、冷たい海に住んでいる魚達が主のようです。

昔イワシ玉って話題になりましたよね? こちらは岩を軸にイワシの群れが一定方向に泳いでいました。光が当たって銀色に輝いて綺麗でした。

顔(?)がすごくおもしろいです。

横浜の海にはくらげが多い気がします。前に桜木町付近で、海につながる川に複数の水クラゲがいるのを電車から見て、この間は山下公園で赤クラゲを見ました。

「2F 水辺の旅」

こちらは水辺がテーマなので浅瀬や、川、池、湖、温かい地域にいそうな生物たちが主です。アザラシもいたのですが、育児休暇中でした。


わかりにくいですが、上の方にイグアナがいます。



ウーパールーパーの正式名称は「メキシコサンショウウオ」 ってみなさんご存知でしたか? ここの子たちはすごく大きかったです。

小さいイメージでしたが、最大30cmぐらいになることもあるそうです。



映画「ニモ」の主人公たちの魚がいました。ドリーの種類は「ナンヨウハギ」 、マーリンとニモは「カクレクマノミ」……ではなくて、実は「クラウン・ アネモネフィッシュ」 という魚らしいです。よく似ていますが、ニモ達は白い 模様の部分が黒で縁取れています。

「屋上エリア マリンガーデン 天空の旅」

こちらは水辺に住む鳥類、哺乳類が主でいました。ここに世界初展示となる都会の空を飛んでいるように見える天空のペンギンを見ることができます。

こちらは草原のペンギンと呼ばれています。タイミングが悪く、一羽しかいません。なぜかずっとこの状態でたたずんでいました。

撮るのが下手で、都会の空を飛んで見えるように撮影できませんでした。ペンギンを下から見る機会はあまりないのでおもしろかったです。