燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

3月から6月にかけての暖かい時期、この時期はツバメが巣作りをする時期です。

こんにちは、動物看護師の西山です。

みなさんは今年ツバメを見かけましたか? 私はこの間ようやくとある駅で見ることができました。

 

 

去年までは、私の最寄り駅にも古巣があるので、毎年見かけていたのですが今年は帰って来てくれませんでした。

年々減ってしまっていると聞きましたが、私の最寄り駅で見れなくなってしまうとは……

 

さて、ツバメに限らずもしも巣から落ちたヒナを見つけてしまったらどうしますか?

拾って動物病院につれていきますか?

 

実はその行為、親鳥からすると――ヒナ誘拐犯になってしまうことがあるんです!!

 

というのも、実はヒナは落ちたのではなく、飛ぶための練習中の場合があるんです。

仮に練習ではなく本当に巣から落ちてしまっても、親鳥はそのヒナがどこにいるのかをちゃんとわかっていて、巣にいるヒナ達とは別にご飯を運んでくるときがあります。

わたしの大学でもツバメの家族が三組ほどいた時にヒナ落下事件が起きてしまいましたが、ティッシュ箱に入れて、巣の下に設置していた落下防止用の板に乗せると親ツバメはそのヒナにもちゃんとご飯を運んで無事に巣立っていきました!

鳥のヒナは育てるのがとても難しく、多くは巣立つことができずに生を終えてしまうといわれています。なので、一番いいのは親鳥が面倒をみられるようにしてあげることです。

ですので、まずは病院に連れて来るよりも先に、巣に戻してあげるか、難しい場合には猫やカラスに目をつけられてしまわない安全な場所に移動させてあげましょう。

 

ヒナが弱っている、あるいは怪我をしていていざ保護しようとなったとき、ある問題が発生します。

それは鳥獣保護法です。

この法律では、たとえ保護目的であっても野鳥を飼育することを禁止しています。そのため、診療対象動物に鳥が含まれる動物病院だとしても、野鳥は診ることができない場合もあります。

保護をする場合は、向かう予定の動物病院に診てもらうことができるか確認をとり、各自治体の「野生鳥獣保護窓口」に相談しましょう。(相談窓口の名称は県によって違います。神奈川県だと「自然環境保全センター」になります。)

抹茶と串揚げ

こんにちは。

ご挨拶が遅れました。

去年の11月頃から新しくかもめ動物病院の動物看護師になりました西山です。

よろしくお願いいたします。

 

ついこないだ私は友人と新宿の歌舞伎町に行ってきました。

お目当てはあの有名なゴジラを見に?

 

   

 

いいえ! このTOHOシネマズ新宿の下のお店が目当てでした。

タイトルからすでにおわかりになっている方もいらっしゃるでしょう。

そう

 

 

「串屋物語」の抹茶フェアに行ってきました!

 

 

「串屋物語」は食べ放題バイキング形式で、好きな具材を取って各テーブルに設置されているフライヤーで自分で衣を付けて揚げて食べます。

それぞれの具材は小さいので友人と一緒に

 

 

こんなにたくさん食べました。

自分で揚げて食べるというのがおもしろかったです。

 

 

耳掃除🐈

 

 

 

 

 

こんにちは、看護師の小澤です。

 

夏になると増えるお耳のトラブル。

お家のわんちゃん、ねこちゃんは大丈夫ですか?

 

お耳の炎症がひどくなると

わんちゃんねこちゃんの負担はもちろん、

通院や治療費で飼い主様の負担も大きくなります。( ;∀;)

 

たまにで良いのでちらっとお耳の中を覗いてあげてください。

 

 

 

さて、かもめキャットはどうかしら?

 

 

 

 

|д゚)

 

 

 

 

|д゚;)

 

 

お耳の中に黒い汚れが・・・

 

綿棒で拭ってみるとこんな感じ

 

 

 

まめちゃん、お耳汚れてるよ~( ;∀;)

綺麗にしようね!

 

イヤークリーナーをコットンに含ませて、

 

 

 

汚れを浮かせてから優しくふき取ります。

 

 

 

お家では、見える範囲をふき取るだけでOKです。

 

こんなに綺麗になりました!(^O^)

 

 

 

お耳掃除をしてもすぐに

また汚れがついてしまうような場合には

動物病院を受診することをおすすめします。

 

 

お耳掃除が終わったらたくさん褒めてあげましょう。

お耳掃除が苦手な子もご褒美をあげながら少しずつ

お耳を触られることに慣れさせてください。

 

まめちゃん、よく頑張りました!

お利口お利口♪

 

 

 

 

 

どうしても難しいときは、無理に行わず

定期的に動物病院でお耳を診てもらい

健康な状態を維持しましょう(^o^)/

 

 

フィラリア症予防

 

 

こんにちは、看護師の小澤です。

 

気付けば5月ももう終わり・・

最近夏のような暑い日が続いていますが、

ワンちゃん、ネコちゃんの熱中症対策はしていますか?

日中のお散歩を控えたり、外出する際にはエアコンをつけるなど、

この時期から気を付けましょう。

特に、肥満のワンちゃんネコちゃん( ;∀;)

肥満の子は体に熱がこもりやすくなってしまいますので特に注意してあげてください。

 

 

さてさて、フィラリア症予防のおハガキはおうちに届きましたか?

 

フィラリアの仔虫を持った蚊にワンちゃんが刺されると

蚊の口からワンちゃんの体内にフィラリアの仔虫が侵入してきて

徐々に体の中に入り込み成虫になります。

フィラリアが寄生すると心臓や肺の働きが邪魔されてしまい、

咳をしたり、元気や食欲がなくなったりします。放置すると命にもかかわりますので、毎月のお薬で予防してあげましょう。

 

1か月に1回お薬を飲ませることで体内に入り込んだフィラリアの仔虫を心臓に行く前に駆除することが出来ます。

 

 

かもめ動物病院では、11月末~12月あたりまでフィラリアのお薬を飲ませることをお勧めしています。

フィラリアのお薬は体内に入り込んだフィラリアの仔虫を駆除するお薬なので

蚊がいなくなってからもう一回』投薬することが大切になります。

 

最後まで忘れずに投薬してあげることで

フィラリア症を予防しましょう(‘◇’)ゞ