緊急事態宣言解除後のお願い

神奈川県も緊急事態宣言が解除され、徐々に日常生活の自粛緩和が進んでいます。しかし、依然として第二波が懸念されている状態です。引き続き感染拡大対策として以下のご協力をお願いします。

発熱や体調不良等がある飼い主様の来院は控えてください。

マスクの着用と手指の消毒をお願いします。

できるだけご来院前にお電話でのお問い合わせをお願いします。特にお薬や療法食のみ処方の方は、準備の時間を頂くために事前連絡をお願いします。

待合室での密集を防ぐため、可能な限りお車や屋外でお待ちください。連絡先をお伝え頂ければ、順番にご連絡いたします。

待ち時間の短縮のため、多少の順番の前後が生じることがあります。ご了承ください。

動物は可能な限りキャリーバッグに入れるなどして、待合室での行動を制限してください。

ご不便をおかけしますが、引き続き感染拡大対策として重ねてご協力をお願いいたします。

緊急事態宣言発令に伴うお願い

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、神奈川県にも緊急事態宣言が発令されました。これに伴い感染拡大対策として以下のご協力をお願いします。

発熱や体調不良等がある飼い主様の来院は控えてください。

マスクの着用と手指の消毒をお願いします。

診察室への付き添いは1名様までとし、それ以外の方は外でお待ちください。

爪切り、肛門腺しぼりのみや健康診断だけのご来院は、できるだけお控えください。

できるだけご来院前にお電話でのお問い合わせをお願いします。特にお薬や療法食のみ処方の方は、準備の時間を頂くために事前連絡をお願いします。

待合室での密集を防ぐため、可能な限りお車や屋外でお待ちください。連絡先をお伝え頂ければ、順番にご連絡いたします。

待ち時間の短縮のため、多少の順番の前後が生じることがあります。ご了承ください。

動物は可能な限りキャリーバッグに入れるなどして、待合室での行動を制限してください。

ご不便をおかけしますが、感染拡大対策として重ねてご協力をお願いいたします。

狂犬病の予防接種に関して

本年度の狂犬病定期集合注射は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。それに伴い当初午前休診の予定だった4/9(木)・4/18(土)は通常の診療となります。
また、本年度は動物病院での狂犬病予防注射接種が増えることが予想されるため、ご来院の際は時間に余裕をもってお越しください。
診察の混雑時は受付後の外出も可能です。スタッフにお申し付けください。